01Vision目指す未来

マイカーライフを、
すべての人に。

コロナショックで幕を開けた2020年代。

これまでの暮らしを見直し、
多様な価値観・ライフスタイルが
広がるなかで、
クルマと人との接点のあり方も
大きく変わりつつある。

“所有”だけがマイカーではない。
もっと身軽に、もっとスマートに、
これまでの発想を超えた
多様なカーライフが必要だろう。

例えば、一時的に住まいを変える。
用途によってクルマを乗り換える。
クルマを使ってビジネスをしてもいい。

“売買”だけでは届けられなかった、
一人一人に適切な「マイ・カーライフ」を、
技術やサービスによって
すべての人に提供していく。

これまで以上に、
クルマが人と近くなる未来を信じて。

02Mission私たちの使命

クルマ産業から、
ドライバー産業へ。

1994年、不透明で非合理的な
自動車市場を変えるため、
業界で初めて、“買取専門店”を
立ち上げたガリバー。
現在、全国450店舗を超え、
通算約400万台の取引実績を誇ります。

そんなガリバーのネットワークと
独自のテクノロジーやビッグデータを活用し、
“売買”だけに捉われない新たな価値を
提供すべく、IDOM CaaS Technologyは
2020年、誕生しました。

クルマ起点でなく、ドライバー起点で、
本当に求められているサービスは何か。

広がり続けるライフスタイルに
寄り添いながら、クルマの
ソフトウェア・カンパニーとして
CaaS領域で
新たなマーケット開拓し続けます。

03Value提供価値

CaaS(Car as a Service) 事業なら
ではの自動車流通マネジメント力と
最先端テクノロジーを活用することで、
従来の限定的かつ非合理な売り切り
モデルから脱却し、人とクルマのあらゆる
接点を提案・創出していきます。

限定的で非合理なカーライフ

  • 新車から3年間での
    価値下落率

    平均 50

  • マイカー所有コスト

    平均 920万円/10年

  • マイカー稼働率

    全国平均 4

Car

国内 6,200万台

Driver

国内 8,000万人

Economy
for All Drivers

マイカーだけにとらわれない、人とクルマ
との多彩かつサステナブルな接点づくりへ

※自社調べ

04Serviceサービス

05Co-Projectプロジェクト

New Mobile Economy

New Mobile
Economy

リモートワークや多拠点居住など、今後ますます自由な働き方や暮らし方が問われるなか、都市と地方の垣根をなくし、都市間移動のハードルを下げることで、移動による消費経済の活発化を促すために立ち上がった IDOMと三菱地所による新プロジェクト。

詳しくはこちら

湘南コミュニティ カーシェア

湘南コミュニティ
カーシェア

サッカーJ1チームの湘南ベルマーレと共同で開発中のカーシェアリングサービス。企業や団体が抱える営業車は平日でも使わない時間があり、また休日は当然ながら全く稼働していない状況。営業車が有休資産化している時間に、企業や団体が抱える「コミュニティ」に属する方へカーシェアすることで営業車の維持費軽減を実現。また、地域や組織コミュニティと企業・団体間の関係活性化にも貢献。

詳しくはこちら

多拠点居住 カーシェア

多拠点居住
カーシェア

ADDressは複数拠点の住居を、NORELは自由にシェアリングできる自動車提供。サービス利用者はそれらを利用することで、”暮らし”と”移動”が快適になり、これにより、ADDressとNORELは地方と都市の人口のシェアリングを牽引。今後は、全国のあらゆる拠点間の移動を車を用いて可能にし、より全国的なサービスの展開や様々なコミュニティの発展を図り、地方の2次交通の課題解決を目指す。

詳しくはこちら

06Newsニュース

07Company会社情報

会社名
株式会社IDOM CaaS Technology
設立
2020年4月22日
代表取締役
代表取締役社長 山畑 直樹
資本金
6.58億円
事業内容
CaaS事業(カーリース事業、レンタカー事業、カーシェアリング事業)
本社所在地
100-6425
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング25階
お問い合わせ先
弊社へのお問い合わせ、取材交渉などは
下記からお願いいたします。 お問い合わせはこちら

沿革

2016年8月
IDOM CaaS事業として「NOREL」の提供を開始
https://norel.jp/
2019年8月
IDOM CaaS事業として「GO2GO」の提供を開始
https://go2go.jp/
2020年4月
IDOMより事業を継承、IDOM CaaS Technologyを設立。
カーシェアリングやライドシェアといったモビリティニーズが高まる中、
2016年のサービス開始以降、異業種間同士の「共創」を戦略の軸に据え、
様々な異業種企業と連携